スポンサーサイト

  • 2017.12.12 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    白身魚のムニエルラビゴットソースがけ

    • 2017.10.01 Sunday
    • 08:30

    < 材料 > 1人分

    白身魚           70

    塩             0.3

    小麦粉            5

    バター又はサラダ油      5

    【ラビゴットソース】

    トマト           20

    玉葱            10

    胡瓜            20

    オリーブオイル又はサラダ油  5

    酢              5

    塩             0.5

    胡椒            少々

    【付け合せ】

    ブロッコリー        30

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    < 作り方 >

    1、白身魚に塩をふり、全体に軽く小麦粉を付ける。

    2、1にバター又はサラダ油を塗り、スチコンのコンビモード180℃で10分焼く。

     (※家庭用であればオーブン180℃で10分)

    〜ラビゴットソース〜

    3、トマト、玉葱、胡瓜を5mm角に大きさをそろえて切る。

     (※玉葱は水でさらしてクッキングペーパーで絞り辛味を抜く)

    4、オリーブオイル又はサラダ油、酢、塩、胡椒を混ぜた物に切った野菜を入れて混ぜる。

     (※調味料は市販のドレッシングでも代用できる)

    5、付け合せのブロッコリーを茹で、添える。

     

    < コメント >

    ・「ラビゴット」とはフランス語で“元気を出せる”“回復させる”という意味があるそうです。刻んだ野菜を沢山入れるので、不足しがちな野菜もお年寄りの方も摂りやすいのではないかと思います。洋風なメニューですが、調味料を変えて醤油ベースで和風に、ごま油や豆板醤を入れて中華風にしても美味しく食べられると思います。

    スポンサーサイト

    • 2017.12.12 Tuesday
    • 08:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする